シェルコーティングの特徴

 

シェルコーティングの特徴

 

スマホコーティングで電磁波を約80%カット!!

スマホコーティング前は、電磁波測定器の値は、高感度でも通常感度でも最大値(5mG以上)を表示。 スマホコーティング後の測定器の値は、若干感知する程度、最大でも高感度で1mG以内で、約80%カットしています。

 

 

 

キズや衝撃に超強い!ガラス硬度9H+相当

 

ガラス表面は目に見えない細かな穴(細孔)がたくさん存在しています。
シェルコーティングでは、この無数の穴にコーティング剤を埋め込むことでガラスの密度が上がり、傷や衝撃に強いガラスに生まれ変わります。

 

 

耐久性実証試験データに基づいた硬度結果があります

ガラスをはじめ、様々な材質のものへ耐久性実証試験を行い、非常に優れた結果が出ています。 ガラスへのシェルコーティング施工で、9H以上の硬度が期待されます。

 

 

 

硬度の9Hとは、どれぐらいの硬さなの?

硬度測定方法で多く使われるのが、「鉛筆硬度」「モース硬度」があります。
シェルコーティングBONDは、この硬度の中で最高クラスの「9H以上」の実証結果が出ている為、「9Hプラス」という硬度で表現させていただいています。

 

 

 

高い光沢(発色)性で驚きの透明感
目を疲れさせるブルーライトも低減します

ガラス被膜が本体塗装表面の微細な凹凸を埋め、光の乱反射を抑えることにより、高い透明性・光沢を実現します。

スマホやタブレットだと、フィルムを貼ったような不自然さがないので、フィルムに抵抗がある方にも自然な仕上がりに好評をいただいています。
また、フィルムと比べても指通りがツルツルなめらかなので、タッチスクリーンでのストレスはありません。

 

 

 

 

すぐれた防汚性能。 高い滑水性(疎水・撥水)と撥油性で
汚れが簡単におちるので、 メンテナンスが楽です

高い撥水・撥油性能を実現。
水系・油系のいずれの汚れも寄せ付けず、長期間本体(ボディ)を美しく保持します。 滑水性とは親水性と撥水性の長所を兼ね備えた性質のことをいいます。

100%無機質のガラス皮膜は、汚れを蓄積せず、水・洗剤に強いです。
セルフクリーニング効果で、雨や水を浴びるとその水と共に表面に載った汚れが流れ落ちます。

 

 

 

 

 

お申込み・資料請求・お問合せはこちら|イズミクリーン092-937-1935

 

 

 

新着情報

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る