メニュー紹介

 

お取り扱いメニュー

 

各サービスメニューの詳細は、以下のメニューアイコンをクリックしてもご覧いただけます。

 

スマートフォン  パソコン・タブレット ゲーム機  腕時計             

 

 

 

スマートフォン・タブレット

 

従来スマホの液晶画面の保護はフィルムを貼る事でした。
シェルコーティングは、塗ることで保護します。
フィルムだと基本、液晶面だけの保護ですが、コーティングなら背面まで、全面コーティングが可能なので、よりスマホやタブレットを傷から守ることが可能です。

また、コーティングを行うことで衝撃に強くなるだけではなく、汚れにも強くなります。
爪や鍵などで液晶面に傷がはいるのを防ぐのにも有効的です。

もちろん、タブレットにもコーティング可能です。

 

 

落下による液晶割れ
リスクを劇的に改善

コーティング後のガラス被膜で衝撃を吸収します。 これは、ガラス表面は目に見えない小さな穴が沢山あり、この無数の穴にコーティング剤を埋め込むことでガラスの密度を上げ、強度を増しています。 ※完全に割れなくなるわけではありません

塗るから、気泡0
ストレスフリーです

従来のフィルムだと、小さな埃が入っていたら、気泡がはいってイライラ、なんてこともありましたが、シェルコーティングなら液晶画面に薄いガラス被膜を作るので、見た目も艶が出てキレイに見えます。

メーカー・機種問わず、
施工可能です

各種メーカー、機種など問わず施工可能です。
スマートフォンは勿論、ipadなどタブレットにも施工可能です。
 

 

 

 

 

 

ゲーム機

 

従来の液晶画面の保護はフィルムを貼る事でした。
シェルコーティングは、塗ることで保護します。

ゲーム機はお子様が使用することが多く、フィルムだと剥がれることが多いです。
落下リスクも高いので、コーティングを行うことで衝撃に強くなります。
また、汚れにも強くなるのでタッチパネルが汚れてもすぐに綺麗にすることが可能です。
爪や鍵などで液晶面に傷がはいるのを防ぐのにも有効的です。

 

 

落下による液晶割れ
リスクを劇的に改善

コーティング後のガラス被膜で衝撃を吸収します。 これは、ガラス表面は目に見えない小さな穴が沢山あり、この無数の穴にコーティング剤を埋め込むことでガラスの密度を上げ、強度を増しています。 ※完全に割れなくなるわけではありません

塗るから、気泡0
ストレスフリーです

従来のフィルムだと、小さな埃が入っていたら、気泡がはいってイライラ、なんてこともありましたが、シェルコーティングなら液晶画面に薄いガラス被膜を作るので、見た目も艶が出てキレイに見えます。

メーカー・機種問わず、
施工可能です

任天堂switchやswitch Lite、PlayStation Vitaや任天堂3DSなど、各種メーカー、機種など問わず施工可能です。
 

 

 

 

 

腕時計

 

スマートウォッチは、アイフォンの画面と同じ考えでコーティングを施工しますが、その他の腕時計はベルト部分を除く時計本体部分のクリーニングを行ない、ガラス部分はガラス専用コーティングを行ない金属部分は金属の保護に適した液材で仕上げていきます。

ガラス部分はガラスをキズや衝撃から守る役目をはたし、金属部分は一枚の皮膜をつくって金属を保護します。

 

 

高級腕時計の保護にも
オススメです

腕時計のガラス面の傷トラブルも意外と多く、特に高級時計になると修理費用も高額になります。
長く大事に使いたいという方に是非オススメしたいです。

スマホ、時計との同時ご依頼がオトク!

iPhoneと相性のいいApple Watchシリーズなど、スマホコーティングと同時ご依頼だとセット割りでお得にご利用頂けます。

アップルウォッチ以外のスマートウォッチなど機種問わず、施工可能です

スマホが普及したことで、波及して多くの人が身につけているスマートウォッチ。
スマホ同様、液晶画面の割れや傷、指紋が気になるというお悩みをいただきます。
コーティングをすることで画面を保護し、指紋防止の役割も果たし、メンテナンスも楽です。

 

 

 

 

 

眼鏡

 

眼鏡レンズにはガラス製とプラスチック製がありますが、どちらも電子顕微鏡で見ると小さな穴があったり表面が凸凹して汚れがとても引っ掛かりやすくクロスで拭いてもギラギラがのびるだけでスッキリしにくかったりします。

シェルコーティングではレンズの汚れを一度クリーニングし綺麗になったレンズの上に透明度の高いコーティングを塗り込みレンズ表面の小さな穴や凸凹をなめらかにしていく作業をしていきます。
施工後に「明るくなった」 「くっきり見えるようになった」という声をよくいただくのと「眼鏡を拭くとすぐきれいになるね」という声をいただいています。

※レンズに傷があったりUVコートが剥がれかけている物は施工ができない場合がございます。

 

 

ガラス製・プラスチック製 問わず、施工可能です

近年では、ガラス製よりもプラスチック製が主流になってきています。プラスチック製は特に、表面の小さな穴や表面の凸凹が、クロスで拭く際の引っ掛かりなど気になってしまいますが、シェルコーティングをかけることで衝撃に強くなり、更にツルツルでキレイになります。

コーティング後は、明るくなったと喜びの声が☆

コーティングを行う過程で、表面の凸凹や小さい穴がなめらかになるので、光の屈折がなくなり、明るくなったり、より視界がクリアになります。

防汚性能で、メンテナンスが楽になります

高い防汚性で、指紋や汚れが付着しても、サッと綺麗に出来ます。
また、コーティング後はツルツルなめらかになるので、クロスで拭くにもスムーズになります。

 

 

 

 

 

シューズ

 

コーティング後は、汚れがつきにくくなり、撥水加工が施されます。

素材に艶を上げたりするのではなく、そのままの状態を保護するので、見た目や質感を損なうことがなく、水分やホコリ、その他の液体から大事な靴を守ることが可能です。

お気に入りのシューズの保護で、大事にお使いいただけます。

 

 

革の風合いを長く維持するのに力を発揮します

従来、革製品の保護は革専用オイルなどの油性の製品を使って潤いや保湿をもたせたり、艶を上げたりしていました。
シェルコーティングでは革製品に柔軟性のあるガラスコーティングを密着させることに成功し革製品の汚れ防止や撥水処理が可能になりました。

布やスエード製の靴にもコーティング可能

市販のエアゾールタイプの保護剤は、フッ素やシリコンが使用されていて色が若干濃くなってしまったり、硬くなったりしてしまうことがありました。
シェルコーティングでは水性タイプの溶液にナノセラミックを定着させる新しい施工方法で、水分やホコリ、その他の液体から布地やスエード表面を守ることが可能になりました。

水分やホコリ、その他の液体から守ります

コーティング後は、汚れがつきにくくなり、撥水加工が施されます。
お気に入りのシューズの保護で、大事にお使いいただけます。

 

 

 

 

 

VAPE

 

電子タバコの需要が増えている今、高額なVAPEの機種もたくさんでてきております。

その素材は金属やメッキ、プラスチック樹脂やガラス、コルクなど様々です。

シェルコーティングでは様々な素材に対してコーティングを施工できるようにコーティングの種類を揃えておりますので、お持ちいただいているvepeを長く 大切に使いたい方はお声かけください。

 

 

 

 

 

バッグ

 

革製品、布やスエードなど素材を選ばずコーティングが可能です。
コーティング後は、汚れがつきにくくなり、撥水加工が施されます。

素材に艶を上げたりするのではなく、そのままの状態を保護するので、見た目や質感を損なうことがなく、水分やホコリ、その他の液体から大事な靴を守ることが可能です。

お気に入りバッグは勿論、財布やキーケースなど小物の保護にもオススメです。

 

 

 

 

 

楽器

 

楽器といっても様々ですが、例えば弦楽器のギターであればクリアー塗装された部分のコーティングで光沢を上げたり汚れを落としやすくすることができたりしますし、金管楽器であれば金属部分の劣化などを遅らせるコーティングも可能です。

すべてにおいてケースバイケースですが対象物の現状を見てからオリジナル施工プランを提案させていただきます。

 

 

 

 

 

レンズ

 

カメラレンズは化学コーティングがされているレンズが沢山あり、光を反射しないようなコーティングなどがあります。

BONDでは、カメラレンズの保護やクリアーな視界汚れの落としやすさを目的で施工がおこなわれますので、プロ仕様のレンズ性能の微細な光の入り具合などを必要とされる方以外での施工となります。

 

 

 

 

 

自動車ガラス

 

もともと、車のボディへのガラスコーティング技術から転用して生まれたシェルコーティング。

フロントガラスへコーティングを施すことで、
目に見えない凹凸や穴をなめらかにしてガラス被膜をつけることで、視界もクリアになり、飛び石などの割れリスクも低減します。

また、撥水機能も加わるので、雨の日でもコロコロして視界良好になります。

 

 

 

 

資料提供元:ALCHEMY

 

 

 

お申込み・資料請求・お問合せはこちら|イズミクリーン092-937-1935

 

 

 

新着情報

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る